スケジュール
予約・問い合わせ
アクセス
レッスンコース

BLOG

フラメンコギターを始めるのに必要なグッズを紹介!

ギターの山本智英です。
今回は、これからフラメンコギターレッスンを始めるのに必要なモノをまとめておきますね!


★先ずはこの3つ
①ギター
②チューナーor音叉(*)
③爪ヤスリ
★あるとさらに便利なモノ
④レコーダー(*)
⑤メトロノーム(*)
★伴奏をすることになったらこれらも必要
⑥カポタスト
⑦瞬間接着剤+α(アクリルパウダー等)
(*)②④⑤はスマホの無料アプリがありますので、そちらを使って頂いてもOKです!

①ギター

フラメンコギターを始めるのに必要なグッズを紹介!


こちらは最初は安いモノでもOKです。以前書いたように安いものだと5、6万ほどからありますし、中古の安いクラシックギター(1万円ぐらい)を買ってもいいです。
最初から良い楽器でという考え方もありますが^^;段々と上達して欲が出て来たタイミングで良い楽器に乗り換えてさらにテンションを上げるのもいいと思います^^
>>フラメンコギターはいくらから買える?

②チューナーor音叉

ギターは1弦ミ、2弦シ、3弦ソ、4弦レ、5弦ラ、6弦ミという様に最初音を合わせなければいけません。
これを調弦(チューニング)といいギターを弾く前に必要な大切な作業です。
昔は440Hzのラの音が出る音叉を使って、5弦の開放ラの音を合わせて相対的に他の弦も調弦していました。

フラメンコギターを始めるのに必要なグッズを紹介!

現在ではチューナーという機械で合わせる人が多いです。

フラメンコギターを始めるのに必要なグッズを紹介!

スマホの無料アプリでも良いものがありますから、まずはそちらを使ってみてくださいね!
例えばこの様なものがあります。
サウンドコルセット(iPhone,iPad)
サウンドコルセット(android)

フラメンコギターを始めるのに必要なグッズを紹介!

チューナー機能だけでなく、メトロノーム機能、レコーダー機能なども付いています。

③爪ヤスリ

クラシック、フラメンコギターリストは爪を手入れするために爪用ヤスリが必須です。
指板を押させる左手の指の爪は、短くしないといけないのですが、左手の指の爪は少し伸ばさないといけません。
人差し指、中指、薬指は手の平側から見て爪が見えるか見えないかぐらい、親指、小指はそれもよりも長めといったい感じです。
一応私が使っているヤスリを2つ紹介します。

左は100均(セリア)で10本100円で売っている棒状のヤスリで使い捨てですが10本入っているので結構もちます。
右はサウンドハウスで購入した棒状爪ヤスリでとてもよく削れるので気入っています^^
GREENBELL ( グリーンベル ) / G1037
クラシックギターリストやフラメンコでも伴奏はしないでソロだけを演奏するの様な人だともっと爪に対してシビアです。もっと細かい目の紙やすりとかを使っています。

④レコーダー

フラメンコギターを始めるのに必要なグッズを紹介!

レコーダーは、次の様な目的で使います。
◉レッスンでその日にやったことを最後に録音させてもらう(復習のため)
◉練習の際に、自分の演奏を録音して客観的に聞くため
スマホに付いているレコーダーアプリでもいいですし、チューナー、メトロノームの項で掲載している様なスマホアプリでもOKです。

⑤メトロノーム

メトロノーム正確なテンポのガイドとして、リズム感養成のツールとして使えます。
1000円ぐらいから楽器店にも売っていますが、スマホの無料アプリで構いません。
チューナーのところでも書きましたが、チューナーと一体型のアプリもあります。
一種類しか使ったことがないので、どれが良いかは分かりませんが下記のものを使っています。
サウンドコルセット(iPhone,iPad)
サウンドコルセット(android)

フラメンコギターを始めるのに必要なグッズを紹介!

「サウンドコルセット」と言って、メトロノームだけでなく、音を合わせるチューナー機能、練習用のレコーダー機能、楽譜など備わっています。

⑥カポタスト

カポタスト(通称カポ)はフラメンコではセヒージャと言ったりもします。
説明をすると長くなるので省きますが、これは主に伴奏などで唄い手さんの歌の高さに合わせるために使います。
カラオケの機械とかで伴奏の音楽が高かったらー1、低かったら+1音程を変えて歌う高さをコントロールしますよね!それと同じ役割をします。
ギターだけの独奏でも、弾き方がまったく同じまま音を簡単に高くしてハリを出すことが出来るのでよく使われます。

フラメンコギターを始めるのに必要なグッズを紹介!

右は多くの人が使っているジムダンロップというメーカーのカポです。税込み792円です。フラメンコギターにはフラットなものを選びましょう!
JIM DUNLOP ( ジムダンロップ ) / PROFESSIONAL GUITAR CAPO FLAT
左は私が作ったスペイン式の伝統的な木製カポです。作るのに結構時間がかかります。買うと数千円からになります。
ギターの指板に付けると下の写真の様な感じです。(写真は2フレットに付けている様子です)

フラメンコギターを始めるのに必要なグッズを紹介!
フラメンコギターを始めるのに必要なグッズを紹介!

⑦瞬間接着剤

踊りの伴奏をするようになると特にラスゲアードというコードを高速でかき鳴らす奏法を使います。
その際、爪の表面を弦に擦り付けることになるので爪の表面を保護しなけれななりません。
そのためのフラメンコギタリストは詰めの表面に瞬間接着剤を塗ります。
スペイン人のギタリストからも緑色の釣り用アロンアルファが人気があります。
私はキャンドゥに売っている速乾の瞬間接着剤を使っています。2本入りとか3本入りで100円なのですが、最近使いやすかった商品が売っていなくてちょっと困っています^^;
さらにアクリルパウダーも使って補強したりもします。

あとがき

他にも集めると楽しいものなどまだまだありますが、基本的にこれぐらいで十分です。
最初は①~③さえあれば始められますので、自分のペースでゆっくり揃えて行って下さいね!

関連記事

ブログを購読する

最近の記事

  1. ハワイアンHula演舞~第11回 ボランティア企画~

  2. 【7月 ウクレレ教室】開催日程のお知らせ🌴

  3. 【東京フラフェスタin池袋2024】:出演時間が決まりました!

カテゴリー