スケジュール
予約・問い合わせ
アクセス
レッスンコース

BLOG

カイマナヒラの伴奏②右手のストロークとリズム

ギター、ウクレレ講師をやらせて頂いている山本智英です。
前回、カイマナヒラのイントロから唄、間奏のコードを書きましたよね。
今回は、右手のストロークリズムについて書いてみます。
ギターもウクレレも同様だと考えて下さい^^

〇右手のストロークに関して

右手のストロークはダウンアップを繰り返します。
ダウンとは右手を振り下ろして弦をはじくこと、アップとは右手を振り上げる様にして弦をはじくことです。
人差し指か親指を使ってみてください。人差し指でダウン、親指アップとかの複合技でもOKです!
やりやすいもの、音が気に入った方法を選択してください。
先ずは1拍に8分音符で表裏とアップダウンで弾いてみてください。

up ↓ down ↑と表記すると次の様になります。
| 1と 2と 3と 4と|
|↑↓↑↓↑↓↑|
(*up,downが逆じゃないかと思われるかもしれませんが、譜面やタブ譜を書く時、楽譜なら上に高い音、タブ譜なら上に1弦が来る、つまり実際と表記が逆になります。ギター、ウクレレを構えた状態で覗き込んだ時に見えるギター、ウクレレの見え方を想像してください。文章で伝わるかな~)

〇リズム、グルーブに関して

リズムに関しては、シャッフルのリズムです。
先程8分音符でアップダウンと書きましたが、慣れてきたら裏拍を遅らせて3連の中抜きにします。
ブルースとかでよく使うリズムです。
|タカタ タカタ タカタ タカタ|
のカを抜きます。ここでは跳ねている雰囲気出すために小さなツを入れてみます。
|タッタ タッタ タッタ タッタ|
テンポが速い軽快な曲なのでストロークはダウン・アップの繰り返しでいいです。
|↓↑↓↑↓↑|
分かりにくいかもしれませんね^^;
あと私は裏のアップストロークを強調してノリを出そうとしています。
試してくださいね!
★足を踏んでリズムを取りながら練習すると後々のためにいいです^^

言葉だけでだと分かりにくいですので、ノリレレの時にもお話しますね。
それではまたお会いしましょう!

関連記事

ブログを購読する

最近の記事

  1. 【6月 ウクレレ教室】開催日程のお知らせ🌴

  2. フラメンコ演舞~第10回 ボランティア企画~

  3. mi-sa子どもクラス、5月のレッスン見学会のお知らせ♪

カテゴリー